fc2ブログ
 
趣味で撮っている朝景や夕景の写真を中心に、季節の写真と、時折々の話題で綴ったBLOGです。 

曇り空!

今朝は、早朝近くまで小雨が降っていて、今でもどんよりとした曇り空です。
そこで、先だって撮っていたヤマナラシの黄葉の掲載を・・。

① 「ヤマナラシ(山鳴らし)」 ヤナギ科ヤマナラシ属の高木。 雌雄異株の黄葉
20231229-004.jpg
② "山鳴らし"の名は、葉がわずかな風にも揺れて鳴ることから付いたものだそうです。
20231229-005.jpg
③ 部分的に見ると奇麗な黄葉なのですがね。
20231229-006.jpg
④ 今期は撮るのが遅れ、殆ど葉が散った状態でした。
20231229-007.jpg
今日で今年も終わりですね。何時もご訪問有難うございました。来年も宜しくお願いします。

木五倍子

今朝も小雨の降る夜明けで、早朝散歩は諦めました。
そこで昨日撮っていた我が家のギブシの黄葉を撮ってみました。

①  「キブシ(木五倍子)」 キブシ科キブシ属に属する雌雄異株の落葉低木。
20231211-001.jpg
② 日本固有種で、北海道西南部(渡島半島)、本州、四国、九州等に分布しているそうです。
20231211-002.jpg
③ 和名は、果実をヌルデの虫えいでつくる五倍子の代用品として、黒色の染料(お歯黒)に用いたことから名付けられた説や、また、花穂がフジの花に似ていることから「藤」となり、転訛したという説もあるそうです。
20231211-003.jpg
④ こちらが全景ですが、何時も剪定をして、これ以上大きくならない様にしています。
20231211-004.jpg

雪柳の紅葉と狂い咲きの花

今朝はつい寝坊をしてしましましたので、一昨日撮って来ていたユキヤナギの紅葉と、狂い咲きのお花です。

① 「ユキヤナギ(雪柳)」 バラ科シモツケ属の低木。
20231201-012.jpg
② 中国原産という説もありますが、日本原産であると言う説が有力だそうです。
20231201-013.jpg
③ 紅葉も奇麗ですが、そこに狂い咲きした白い花、可愛らしい感じがしますね。
20231201-015.jpg
④ ユキヤナギの和名は、葉がヤナギに似て、白い多数の花が、雪をかぶったように見えることから付けられたそうです。
20231201-014.jpg

鈴掛の木の紅葉

今朝は、何となく体がだるく、起きることが出来ませんでした。
そこで昨日撮っていた、スズカケの木の黄葉の掲載です。

① 「スズカケノキ(鈴掛の木)」 スズカケノキ科スズカケノキ属の落葉広葉樹。 別名:プラタナス
20231127-007.jpg
② 原産地はアジア西部で、日本への導入は明治年間だとされているそうです。
20231127-008.jpg
③ 学名であるプラタナスと呼ばれることが多いそですが、日本で見かけるプラタナスは、本種よりもモミジバスズカケノキである事が多いそうです。
20231127-009.jpg
④ モミジバスズカケノキは、スズカケノキとアメリカスズカケノキとの雑種だそうですね。確かにこの写真の葉は、モミジの葉を大きくしたような感じでした。
20231127-010.jpg

コキアの紅葉

今朝は、生憎の雨の夜明けで、早朝散歩は中止です。
そこで昨日撮っていた、コキアの紅葉の掲載です。

① 「コキア」 ヒユ科ホウキギ属(バッシア属)の一年草。 和名:ホウキギ(箒木) 別名:イソボウキ
20231109-014.jpg
② 西アジア、中央アジア原産で、草姿が円錐形の整った形で、繊細な茎葉が密に茂り、明るくさわやかな印象を受ける春まき一年草です。
20231109-016.jpg
③ これは、矮性品種なのでしょうが、大きくなるのは、ホウキギの和名のとおり、刈り取って陰干しして、草ボウキをつくるのに利用されるそうです。
20231109-017.jpg
 
 
Calendar
 
 
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
 
Profile
 
 

shin

Author:shin
BLOG【今日の朝景】へようこそ!
シニア世代・兵庫県在住

 
 
Free Area
 
 
当BLOGは【写遊館】の一巻として掲載を始めましたが、諸事情により【ハンドメイドパソコン広場】にリンクを移しています。
 
 
My Rinks
 
 
 
 
New Entry
 
 
 
 
Recent Comment
 
 
 
 
Category
 
 
 
 
Blog Rinks
 
 
 
 
Search this site.
 
 
 
 
Free Area
 
 
  • BLOG「今日の朝景」は「今日の朝日+α」の二代目として掲載をしています。
  • カウンター数は「今日の朝日+α」の数値を継続しています。
 
 
FC2 Counter
 
 
 
 
QR Code
 
 
QR
 
 
全記事(数)表示
 
 
全タイトルを表示
 
 
ブロとも申請フォーム